コードが割り振られたボタンごと他のフォームへコピーする|DQのアイテムデータベースをAccessで作る12

今回はボタンで動く日付テキストボックスを、コードごと他のフォームにコピペします。
この手順は、一度作ったフォームのVBAの仕組みを他のフォームに利用する時に便利です。

目次

伝票入力フォームを作る

f:id:me-hige:20200202163542p:plain

ツールバーの作成→フォームデザインから新規フォームをつくります
フォーム名は伝票入力フォームにします
フォームのプロパティシートを開きユーザーがフォームを開いたときに見栄えが良くします

プロパティシート

  • 自動中央寄せ:はい
  • レコードセレクタ:いいえ
  • 移動ボタン:いいえ
  • スクロールバー:なし
  • コントロールボックス:いいえ

 ボタンで動く日付テキストボックスをコピペするため、伝票日付フォームをデザインビューで開きます

f:id:me-hige:20200209115623p:plain

日付テキストボックス1式をコピーします

f:id:me-hige:20200209120111p:plain
f:id:me-hige:20200209120252p:plain

伝票日付をアクティブにして、コードの表示をクリックします

f:id:me-hige:20200209120457p:plain

伝票日付フォームのVBAが表示されます

プラス月、プラス日、プラス年、マイナス月、マイナス日、マイナス年の6つのボタンに割り振られたコードを

PriVate Sub ~~~~Clice() 

End Sub

ごとコピーします

f:id:me-hige:20200209120835p:plain

伝票入力フォームをアクティブにしてコードの表示をクリックします

f:id:me-hige:20200209121500p:plain

VBEがコードが空の状態で開きます

f:id:me-hige:20200209121728p:plain

コピーしたコードを貼り付けます

f:id:me-hige:20200209121932p:plain

各プロシージャに書き込まれている

Forms!伝票日付!日付伝票サブ!.Requery

を削除しておきます(これが残っているとエラーが出ます)

f:id:me-hige:20200209122909p:plain

フォームビューに切り替えて動作確認をします

コピペしただけでもちゃんとボタンが動作しています

f:id:me-hige:20200209123016p:plain

ボタンで操作できる日付テキストボックスをコピペすることができました。

今回はここまでとします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちはAccessの壺です。
臨床工学技士としてどこかの病院で働いています。
夜な夜なMicrosoftAccessで遊びたおして、独学で病院内のいろんなシステムを開発してきました。
透析患者さんの透析条件管理システムやME機器管理システム、アンケート集計などなど作ってきました。
Accessの楽しさを発信するために、このサイトを運営中。

コメント

コメントする

目次
閉じる