クエリをもう少し|DQのアイテムデータベースをAccessで作る04

クエリについて、ホンのさわりの部分の説明しましたが、基礎的な内容ではありますが、今回はもう少し話を進めていきます 

 ドラクエのよろずやで、武器や防具、道具を販売している
よろずやの店主が一日の売りあげをまとめる伝票をつくるためのクエリを作っていきます(設定がよくわからんけど気にしないで・・・)

f:id:me-hige:20191130221220p:plain
【誰でもできる!】Access講座 第6回 クエリをもう少し
目次

伝票を格納するテーブルを作成

テーブルを新規作成し、テーブル名は「T-伝票」とします

テーブルのデータ構造は

ID(主キー)オートナンバー型
日にち日付/時刻型
アイテム名短いテキスト
f:id:me-hige:20191130222819j:plain

 次に「アイテム名」フィールドをリストボックスにします

f:id:me-hige:20191130224622j:plain

ルックアップタブを選び

表示コントロールを「リストボックス」

値集合タイプを「テーブル/クエリ」

値集合ソースの「・・・」をクリックします

f:id:me-hige:20191130224947j:plain

テーブルの表示で「T-アイテムを選択」

f:id:me-hige:20191130225135j:plain

クエリが起動します

アイテム名をフィールドリストからデザイングリッドにドラッグ&ドロップします

f:id:me-hige:20191130225332j:plain
f:id:me-hige:20191130225732j:plain

クエリのウインドゥを閉じると

「SQLステートメントの変更を保存し、プロパティの設定を更新しますか?  ナンタラカンタラ・・・」と出てきますので、「はい」をクリック

f:id:me-hige:20191130230039j:plain

値集合ソースにSQLが表示されます

おっと

急にSQLというアレルギー反応が出そうなワードがでました

SQLはAccessやAccessよりも、もっと高価なOracleやSQL Serverで、データベース言語の中で、最も普及している言語の一つです。DBMS(データベース管理システム)上でデータやデータベースを制御するための言語であり、ユーザーやシステムからの命令を受けてRDB(リレーショナルデータベース)にクエリ(問い合わせ)を行い、結果を返します。返ってきた結果はモニターなどに表示されます。

というものです

AccessのクエリはこのSQLをビジュアル的に表示したものです

Accessを使う上で特にSQLの言語を意識することは私はないです

SQLは私は初級システムアドミニストレータ試験を受けた時に勉強したくらいです

「T-伝票」にデータを入れていく

 「T-伝票」を保存し、今度はデータシートビューで「T-伝票」を開きます

アイテム名がリストボックスで表示されます

f:id:me-hige:20191130231210j:plain
f:id:me-hige:20191130231434j:plain

日にちを入力します

f:id:me-hige:20191130231623j:plain

2019/11/30に「ひのきのぼう」「はやぶさのけん」「かわのたて」が売れた感じで入力しておきます

「T-アイテム」に値段フィールドを追加

伝票を作るうえで、T-アイテムテーブルに「値段」フィールドが必要なので

T-アイテムテーブルをデザインビューで開き「値段」フィールドを追加します

f:id:me-hige:20191130232532j:plain

各アイテムに値段を入れていきます

f:id:me-hige:20191130233343j:plain

 入力フォームに値段フィールドを追加

さらに第4回で作成した入力フォームに値段のフィールドも追加しておきます

アイテム入力フォームをデザインビューで開き、フィールドリストから値段フィールドを追加します

f:id:me-hige:20191206103911j:plain

配置を調整して

上書き保存して、いったん入力フォームは閉じます

伝票用のクエリをつくる

つぎに売り上げ伝票のもととなるクエリを作っていきます

ツールバーの「作成」→「クエリデザイン」

テーブルの追加で「T-伝票」と「T-アイテム」を選びます

f:id:me-hige:20191130232230j:plain
f:id:me-hige:20191130233711j:plain

「T-伝票」テーブルの「アイテム名」を「T-アイテム」の「アイテム名」にドラッグ&ドロップします

すると「T-伝票」テーブルの「アイテム名」を「T-アイテム」の「アイテム名」がリレーションで結ばれます

f:id:me-hige:20191130233942j:plain
f:id:me-hige:20191130234149j:plain

リレーションの線をダブルクリックすると結合プロパティが起動するので

「T-伝票の全レコードとT-アイテムの同じフィールドのレコードだけ含める」を選びます

これはどういう事かというと、「T-伝票」テーブルを基準にクエリをつくり、そこにT-アイテムテーブルの情報を付けくわえるということです

f:id:me-hige:20191130234604j:plain

デザイングリッドにT-伝票のすべてのフィールド、T-アイテムの「値段フィールド」を選択します

f:id:me-hige:20191130234856j:plain実行ボタンをクリックしてデータビュー表示を見てみます

f:id:me-hige:20191130235018j:plain

アイテム名にリレーションされた値段が表示されたクエリができました

このクエリに「Q-伝票」と名前を付けて保存します

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちはAccessの壺です。
臨床工学技士としてどこかの病院で働いています。
夜な夜なMicrosoftAccessで遊びたおして、独学で病院内のいろんなシステムを開発してきました。
透析患者さんの透析条件管理システムやME機器管理システム、アンケート集計などなど作ってきました。
Accessの楽しさを発信するために、このサイトを運営中。

コメント

コメントする

目次
閉じる